初心者入門!ロックフィッシュのロッド・リール・ライン・ワームの仕掛けの選び方から釣り方

スポンサードリンク




近場の防波堤や地磯などからでも意外と手軽に釣れちゃう高級魚のカサゴやハタ類のロックフィッシュゲーム。

近場の釣り場で高級魚のロックフィッシュをゲットする為のロックフィッシュゲームに必要なロッドやリール・ライン・ワームやルアーの選び方から動かし方・釣り方・必需品から必要なものを初心者でも分かり易くご紹介します。

ロックフィッシュ=根魚!?ロックフィッシュとは?根魚とは?

出典:youtube.com

ロックフィッシュとは、主に岩場などを住処にしているカサゴやオオモンハタ、キジハタ、アイナメなどのハタ類の魚のことになります。岩場を住処にしているそれらの魚の総称を根魚(ねざかな)と呼びます。なので、ロックフィッシュ=根魚になります。近年では、ワームやルアーで根魚が釣れる事からルアー釣りで釣る釣人からは英語読みでロックフィッシュと呼ばれる事が多く、逆にエサ釣りで釣る釣人からは、根魚(ねざかな)と呼ばれる事が多いです。

ロックフィッシュのロッド・リール・ライン・リーダー・ワームや仕掛けの選び方から・釣れる時期・釣れる場所から釣り方・動かし方

ロックフィッシュの釣れる場所とは?砂地よりも岩礁地帯で釣ろう!

出典:youtube.com

ロックフィッシュは、カサゴやオオモンハタ、キジハタ、アイナメなどの岩場などに住んでいる魚の事を根魚とも呼ばれているので、主に生息している場所は、テトラポットや岩礁帯の岩が多く混在している場所を住処としています。

なので、砂浜には岩礁帯が無い限り生息している確率が低いので、岩場やテトラポットなどの根魚が身を隠せる場所を狙いましょう!

ロックフィッシュが釣り易い時期・時間帯を覚えとこう!

ロックフィッシュは、基本的に春夏秋冬釣れる魚ではいますが、最も釣れる時期は、夏~秋の海水温が高い時期になります。時間帯に関しては、昼夜問わずどちらでも釣れる魚ではいますが、岩礁帯に潜んでいる魚なので、夜はそれなにり危険が伴うので、朝から夕方位までが安全に楽しく釣りが出来ると思います。

また、多少ズレはありますが、根魚は秋に産卵を控えているので、小さい魚やお腹に卵を抱えている魚が釣れた場合は、優しく逃がしてあげると、今後もその場所は魚が増えて行くので、出来るだけリリースしてあげましょう。

磯や防波堤からロックフィッシュを狙うロッドは、根(ボトム)から魚を引きずり出せるバットの強いロッドがオススメ

出典:youtube.comより

ボート以外からの防波堤や地磯などから、ロックフィッシュを狙う場合、ロッドに必要になってくるものは、掛かった瞬間に根に潜ろうとする魚を強引に根から引きずりだせる力のあるロッドのバットパワーと広範囲に探れる飛距離が出せる長さが必要になってきます。

オススメは、7.0フィート以上の長さでMH以上のパワー表記のバスロッドが使い易いのでオススメです。

ダイワ社、シマノ社よりロックフィッシュ専用のロッドが発売されていますが、MH以上のバスロッドであれば十分ロックフィッシュでも使えるので、わざわざ買わなくても大丈夫だと思います。

シーバスロッドやエギングロッドの柔らかいロッドだと、魚を掛けた時に根から強引に引きずり出しにくく、岩場などに潜られたり、ラインを切られる事もあるので、硬いロッドがオススメです。

 

ロックフィッシュ用のリールはスピニングリール・ベイトリールで釣り方が変わってくる!?

絶対HG(ハイギア)以上のリールで、ボトム付近を釣る釣りは絶対にベイトリールがオススメ

出典:youtube.com

ロックフィッシュの場合、岩礁帯にルアーを投げることが多く、根魚は根に潜ろうとするので、魚を掛けた瞬間にゴリ巻きで根から引きずり出さないといけないので、絶対にHG(ハイギア)以上のギヤ比のリールがオススメです。

リールが変わればロッドも変わってくるので、自分がスイミング系の釣りorボトム系の釣り、どっちをメインにするかでタックルが変わってくるので、どっちをメインにするか選んでからタックルを買った方がお財布に優しいですよ。

 

ロックフィッシュ用のPEライン・リーダーの選び方と結び方まで

ロックフィッシュ初心者オススメのライン選びは、フロロの20lbがオススメ!!

出典:youtube.com

一般的にはロックフィッシュで使うラインはPEラインを使うので、リーダーを結ぶ必要がありますが、PEラインにあまり慣れていない方でしたら、バス用ラインのフロロ20lbを結んでおけば、PEラインとリーダーを結ぶ必要も無く、そのまま直接ルアーを結べてすぐに釣りが出来るので、オススメです。

 

PEラインを使う場合は、PE1号〜1.5号の太さがオススメ!

出典:youtube.com

場所によって変わってきますが、複雑な地形をしていなければ、PE1号にリーダー5号(20lb)、岩礁帯が複雑に絡んでいる場所は、PE1.5号にリーダー5号(20lb)がオススメです。

根魚は、針掛かりすると、根に向かって走ろうとするので、最低でもリーダーの太さは、20lb(5号)がオススメです。

岩礁帯がキツくなればなるほど、太いリーダーがオススメです。

経験上、ロックフィッシュはリーダーが太くても、あまり釣果に影響しない無い気がします。

5号(20lb)といえど、岩礁帯だと、どうしても切れる時は一瞬で切れてしまうので、こまめにラインに傷が入っていないか、チェックしながら釣りをしましょう。

 

PEラインとリーダーの長さ・ノット(結び方)はFGノットが最もオススメ!

オススメのPEラインとリーダーを結ぶ場合、FGノットがオススメです!

強度もバッチリあって、PEラインとリーダーの結びコブが小さいので、キャスト時にガイドに絡まりにくいので、是非ともマスターしてみて、ください。

また、リーダーの長さは最低でも3ヒロ~5ヒロ位がオススメです。リーダーが少し長めにあれば、万が一切れてもリーダーを結ぶ手間が省けるので、初心者はリーダーを長めに取りましょう。

 

ロックフィッシュ用ルアー・ワーム・カラーの選び方

出典:youtube.com

根魚を釣る場合、メタルジグなどのルアーでも良いんですが、基本的に根魚は、海底の岩礁帯を住処としている事が多いので、ルアーだと根掛かりしてしまう可能性が高くなります。

魚釣る数よりルアー無くす数が多ければ、面白くないので、オススメの釣り方はワームを使った釣りがオススメです

根魚のエサは基本的にキビナゴやイワシなどの小魚やエビやカニなどの甲殻類を食べています。なので、使うワームの色は好きな色で良いですが、形はイワシみたいな形やエビみたいな形のワームを使いましょう!

ワームの大きさは、3インチから大きくても6インチ位の大きさがオススメで、釣りに行く場所の魚が普段食べている魚の大きさに合わせてワームの大きさは選びましょう!

ロックフィッシュにオススメのワームの色・カラーの選び方

基本的に魚は夜でもワームが見えているので、夜=蛍光色などといった選択も間違っていないですが、正解って程でもないと私は思っています。

それよりも、カラー選びに関して最も大事な事が1つだけあります。カラー選びはこの1つを守れば90%は釣れたも同然と私はわりかし本気で思っている位です。

それは、

その地域・その海域で魚が主食に食べているものに似たワームの色を選ぶ事です。

地域によって普段そこの魚が主食に食べているエサは変わってくるので、実際に釣具店に行って聞いてみるのが1番釣れるワームを選ぶコツになると思いますので、是非聞いてみて下さい。

 

ロックフィッシュを釣る仕掛けはテキサスリグとジグヘッドスイミングが鉄板!

テキサスリグで釣る時の仕掛け

 

 

ジグヘッドスイミングで釣る時の仕掛け

 

 

テキサスリグ・ジグヘッドスイミングにはそれぞれメリット・デメリットがあるので、釣りする場所に応じて適切なリグを選びましょう。

 

魚を掛けたら、最初の5秒が勝負なロックフィッシュゲーム

ロックフィッシュは、岩場などがある場所で釣りをする事が多いので、魚を掛けてからすぐに巻いて寄せないと根に潜ってしまい、せっかく掛けた魚は根から出てこないので、そうならない為にも魚を掛けたらすぐに巻いて魚を寄せましょう。

 

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA