【保存版】堤防から釣るカワハギの釣り方!時期・餌・仕掛け・道具の選び方

スポンサードリンク




秋から春にかけて防波堤や船釣りから釣って楽しい魚、食べて美味しい魚といえば「カワハギ」という魚がいます。手軽に防波堤や船から狙えて、ハイシーズンには大会も行われる位人気なカワハギ釣りの釣り方や時期・餌・仕掛けやカワハギ釣りにあったら便利なオススメの道具のご紹介など、初心者でも分かりやすくご紹介します。

カワハギの釣り方から時期・旬・餌(エサ)・仕掛けから道具の選び方

1.カワハギってどんな魚?釣れる場所は?時期や旬とは?

1-1.カワハギは身近で釣れる超美味い魚!!

カワハギは、平べったい独特な形をしている魚で、おちょぼ口でエサを食べるのが上手な事から、別名「エサ盗りの名人」とも呼ばれている魚です。ほとんどの地域の防波堤や船釣りから狙える魚で、寒くなる冬の時期になるとカワハギの身と肝は誰が食べても絶品と言われる位非常に美味しい魚なので、時期になったら是非狙ってみてください。

 

1−2.カワハギが釣れるor釣りやすい場所はこういう場所

  • 比較的水深がある場所
  • 潮通しが良い場所
  • 海底に岩礁帯や砂地に岩がある場所など

 

1−3.カワハギ釣りのオススメなシーズン(時期)って?旬な時期からよく釣れるハイシーズンは?

カワハギのよく釣れるハイシーズン時期から食べて美味しい旬な時期は、「秋〜春」の寒い時期になります。夏がカワハギの産卵時期になるので、美味しそうに思いがちですが、カワハギが最も美味しい旬な時期からハイシーズンは、「秋〜春」です。冬時期は、身も閉まって美味しいですが、カワハギの肝は驚くほど絶品です。

 

カワハギ釣りにオススメのロッド・リール・ライン・仕掛けやオススメの餌から付け方・釣り方まで

2−1.カワハギ釣りにオススメなロッド(釣り竿)の選び方は9:1の先調子の竿!

 

カワハギは「餌取りの名人」と呼ばれてる位餌を食べられている時の感覚が非常に把握しづらい魚なので、基本的には、見えない水中の中をイメージして、餌がカワハギの口に入ったら、釣り針を魚の口に掛けにいく様なイメージの釣りが釣果を伸ばす秘訣になります。なので、カワハギを釣る際は、針掛かりの良い専用の9:1のカワハギロッドか先調子の釣竿を選びましょう。

 

2−2.カワハギ釣り用のリールは両軸リールがオススメ

カワハギ釣り用のリールは、両軸リールのダブルハンドルタイプのリールがオススメです。理由はなんといっても、「オモリを叩く」といったカワハギ釣り独特の誘いがやり易く、魚が掛かった時に安定して等速巻きがしやすいからです。

普段タイラバなどで使用しているリールでも十分併用できます。

 

2−3.カワハギ釣りに使うラインは、アタリが取り易いPEラインがオススメ!!

カワハギ釣りには、アタリが取り易いPEラインがオススメです。PEラインの太さの選び方は、0.8号or1号あればラインを切られることもなく、十分釣り上げられる太さなので、太くてもPE1号までがオススメです。

個人的には、0.8号のPEを使う事が多いです。

 

2−4.カワハギ釣りの仕掛けは初心者にも分かりやすいシンプルな胴突き仕掛け

カワハギ釣りの仕掛けは、女性や子供でも簡単に扱える仕掛けの胴突き仕掛けになります。

オススメな仕掛けはダイワ社の胴突き仕掛けになります。

この仕掛けは、2人分の仕掛けと予備の替え針が10本も付いているので1日カワハギ釣りをするには充分な量の仕掛けが入っているので、どれが良いか迷った初心者の方は、これがオススメです。

 

毎年カワハギ釣りにハマっている方は自作した方が、安上がりで、1匹の釣れた時の思い入れが大きいのでもっと楽しくなりますね。

2-5.オモリの重さは底が取れる重さがベスト!

オモリの重さの選び方は、場所によって水深や潮の流れの速さが違うので、一概にこの重さが良いとは言えません。なのでしっかりと底が取れる重さのオモリを選びましょう。

防波堤の場合10号前後~25号前後があれば充分かと思いますので、そこから底を取れる重さのオモリを使いましょう。

 

2-6.キラキラの集魚番装着で釣果アップ!?

カワハギは、好奇心旺盛な魚なのでキラキラしているものに寄ってきます。そこで集魚番と呼ばれている道具を仕掛けの上に装着する事で、エサをカワハギが発見し易くなり、釣れる確率が上がるので、付けた方がオススメです。

集魚番と同じ集魚効果のある中オモリもビーズを使って自作出来るので、時間がある方は自作してもオススメです。

 

2−7.カワハギの餌は大好物の「アサリ」を使うのがオススメ!

カワハギを釣りに欠かせない餌は、「アサリ」です。カワハギ釣りでは、アサリの他に、砂虫などのイソメ類やオキアミなどでも釣れますが、経験上アサリが1番釣れるので、カワハギ釣りの餌はアサリがオススメです。

 

2−8.アサリのつけ方で釣果が変わる?アサリのつけ方をマスターしよう!

カワハギは、エサとなるアサリの付け方1つで釣果が変わるので、たくさん釣る為にもアサリの正しい付け方をマスターしてみてください。

 

 

2−9.カワハギ釣りの釣り方の基本は焦らして釣ること!?

カワハギの釣り方は、オモリが海底に着底したら、ゆっくりオモリを浮かしては、またゆっくり海底に着底させるイメージで竿ゆっくり常に上下に動かす釣り方が初心者の方にはオススメかと思います。

じーっと待ってる釣りでも釣れないことはないですが、餌を取られやすくなるので、要注意です。

この繰り返しで、慣れてきたら、叩いて釣る釣法「タタキ釣法」をしてみてください。

 

 

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA