【初心者必見】5分で分かるタイラバ(鯛ラバ)とは?

スポンサードリンク




 

タイラバとは?

 

上の画像のような疑似餌の事を”タイラバ”(別名:鯛カブラ)と呼びます。鯛ラバは主に船から釣りをします。防波堤から軽めの鯛ラバを使って鯛を釣る際は、”キャスティングタイラバ”と呼ばれています。

タイラバは他のルアー釣りと違い、ただ、海底まで落として巻くだけの釣りなので、難しい事は何もありません。

なので、釣りをした事が無い初心者の方や女性・子供でも楽しめる為人気の釣りになっています。

 

タイラバで釣れる魚は意外と魚種が豊富

鯛ラバで釣れる魚は、マダイだけではありません。時期によっては、青物のカンパチやブリを始め、根魚のキジハタやカサゴ、鯛の仲間の高級魚”アマダイ”も釣れたりするので、魚が掛かる度に何が釣れるかドキドキするのも鯛ラバの楽しみの1つでもあります。

 

 

専用の道具じゃなくても誰でも楽しめる釣り

タイラバは、離島や近海に行かない限り、PEラインの1号が200mに、リーダーの太さが、4号か5号が巻いてあれば、全然釣り出来ます。リーダーが2号、3号だと少し細いので出来ない事無いですが、切れる恐れがあるので、4号か5号がオススメです。

タイラバ専用のタイラバロッドがあれば良いですが、タイラバロッドがなくても別に(ライト)ジギングロッドや船竿でも出来るので、専用の竿がなくても、タイラバは出来ます。

 

春は、最も大きく美味しい真鯛が釣れる時期

春には、”のっこみマダイ、通称”入鯛(いりだい)”と呼ばれる産卵時期に入るので、1年を通して最もエサ釣りやタイラバを通して、大きい真鯛が釣れ易い季節になります。

そして、脂が乗っているので、かなり美味しいです♪

お寿司屋さんや居酒屋で真鯛フェアなどをしているのは、春の旬な魚が真鯛だからでもあります。

是非、この春に落として巻くだけの簡単な鯛ラバで真鯛釣りにチャレンジしてみてください。

 

 

 

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA