【夜釣り】夏期しか釣れない幻の高級魚”シブダイ”の仕掛け・釣り方

スポンサードリンク




夏の夜釣りの代表格の中に、夏期しか釣れない幻の高級魚”シブダイ”

その引きは、かなり強烈で、なんといっても魚の中でも群を抜く脂の乗りが凄く、一度食べると病みつきになってしまう程の絶妙な美味しさゆえに多くの釣人を魅了しており、夏の夜釣りのシブダイ釣りは、多くの釣り人からの人気なターゲットになっています。シブダイの刺身は、数ある魚の中でも脂がぎっしり乗っていて最高に美味しく、市場に出回る事も少なく最高級な魚なので、是非釣って食べてみて下さい。

 

シブダイってどんな魚?

シブダイはフエダイ科の仲間で、主に九州南岸の太平洋沿岸に生息しており、岩礁地帯などの底付近で小魚や甲殻類などを捕食して生活しています。6月後半~7月の初夏にかけて産卵時期になり、浅場に入ってくるので、夏~秋が1番釣り易い時期になります。

水深が5m前後~20m前後の砂地に岩礁帯、もしくは岩礁帯のみの場所が狙い目です。

 

 

シブダイには2種類いる!?シロテンとクロテンの簡単な見極め方

 

シブダイには、クロホシフエダイ(クロテン:画像下の魚)シロホシフエダイ(シロテン:画像上の魚)と呼ばれる2種類の魚が存在します。この2種類の見分け方は、背中に付いている点の色で見極める事が出来るので、簡単です。

クロホシフエダイ(クロテン)には、名前に黒星という名のとおり、背中に黒い点が付いています。

シロホシフエダイ(シロテン)には、名前の白星という名の通り、背中に小さな白い点が付います。

クロテンも美味しいのですが、シロテンの方が脂がすごい乗ってて、シロテンとクロテンとでは、天と地の差がある程、シロテンの方が断然美味しいです!!

 

是非1度夏の夜釣りに狙ってみて下さい。

 

シブダイを釣る仕掛け

遠投カゴ仕掛けでの釣り方

出典:turitalo.jp

遠投竿は、4号以上がオススメです。

リールは何でもいいんですが、遠投カゴ釣り用のリールかショアジギングなどで使う大きめなリールでも大丈夫ですが、道糸はナイロンの最低5号200mが巻けるリールがオススメです。

ハリスは最低でも8号です。

夜釣りはハリスを太くしても嫌わないので、ハリス10号がオススメです。

ハリスの長さは、1ヒロ半にしときましょう。

魚を掛けてから、タモ入れする際にハリスが2ヒロあると、タモ入れが困難なので、1ヒロ半だとタモ入れし易くなります。

ハリの選び方

針りの選び方は、太軸設計の尾長針の13号前後がオススメです。

 

エサは、オキアミの生ボイルのみを使ってください。

集魚材を入れてしまうと、どうしても餌取りが寄って来やすくなるので、沖アミ単体で釣りをするのがオススメです。

 

オキアミのボイルにイワシスライス等を混ぜて使うと、効果絶大です。

 

シブダイは、クロ(メジナ)みたいにあまり浮いてくるような魚では無く、どちからというと根周りにいる事が多いので場所によって変わって来ますが、基本的には竿1本から初めて、1本半、2本位までだと思います。

底の方を狙う様に意識してタナを探り探りで調整して狙ってみてください。

 

フカセ釣り仕掛けでの狙い方

フカセ釣りで挑む場合は、尾長タックルで挑むのがオススメです。

出典:釣具のポイント

竿は最低1.7号から2号程有った方が良いです。

道糸は、5号前後がオススメです。

ハリスは遠投カゴ釣り同様最低8号必要ですが、10号がオススメです。

エサも、遠投カゴ仕掛け同様に基本的には、オキアミの生かボイルのみ、もしくは、オキアミのボイルにイワシスライスを混ぜても効果抜群です。

地アミや集魚剤を入れてしまうと、エサ盗りが寄って来やすくなって、本命のシブダイが釣れにくくなるのでオキアミの生かボイルのみを使用するのが、オススメです。

 

 

ぶっこみ仕掛けでの釣り方

ぶっこみ釣りでは、基本的には石鯛竿を使用し、竿先にケミホタルを付けて、仕掛けを底の方に置き、魚が掛かると竿先に付けているケミホタルがいきなり海面に突きささる程に竿が曲がってから合わせるという向こうアワセの釣りになります。

遠投カゴ釣りやフカセ釣りとは違い、ウキを使わずに竿先にケミホタルを付けてアタリを待つ釣りなので、のんびり釣りが出来ます。

ぶっこみ釣りでシブダイ狙うなら、どうしても根掛かりは避けられないので、捨て糸仕掛けがオススメです。

ぶっこみ釣りの仕掛けは、捨て糸仕掛けがオススメです。

捨て糸の長さは、1ヒロほど長さを取る事をオススメします。

底べったりでもシブダイは釣れるんですが、どうしてもエサ盗りのウツボ等の猛攻に遭うので、ハリスに傷が入り易くなったり、仕掛けが絡む事が多々あるので、ウツボがギリギリ届かない位が良いです。

 

ハリスの太さは、22号か24号がオススメです。

一見太すぎると思いますが、夜釣りの場合ハリスは見えないのでハリスを嫌う事はありません。ハリス20号でもぶっこみ釣りは飛ばされる事があります!

 

ぶっこみ釣りのシブダイに使うエサの選び方

 

ぶっこみ釣りでシブダイを狙う際は、エサを3種類位多めに持って行き、その日の1番当たるエサを見極めて使っていくと効果的です。

シブダイ釣りに使う餌は、アジなどの魚の切り身、アジなど、キビナゴ、沖アミ&ボイル、カツオのハラミなどで釣れます。

シブダイに使うエサは、生きてるアジなどの小魚を泳がして使用したり、キビナゴ、カツオのハラミ、ホタルイカ、サンマの切り身や魚の切り身などでも釣れます。特にボラの切り身は硬いので、身持ちが抜群です。

鹿児島県の南薩では、豆アジがシブダイに効くそうで、出船前に早く港に到着し、サビキ釣り等で豆アジをたくさん釣ってからそれを活かしたまま、磯へ持って行く方もいるそうです。

 

 

ピトンは少し上げ気味にしときましょう。

夏の夜釣りでシブダイを狙っていると、夏の夜はアラ(クエ)が活発に行動するので、アラが掛かると竿が乗されたままピトンから外せる事も無く、糸を出されて切られるので、ピトンは少し上げ気味、ドラグはフルロックでは無く、少し緩める(手で強くっ引っ張るとラインが出る程度)がオススメです。

 

シブダイを釣るポイント・コツ

沈み瀬やシモリ周りが狙うポイントです。

本命のシブダイが居たら、1発で喰って来やすいです。シブダイは群れで行動している事が多いので、1匹釣れるとその後数釣りがしやすくなります。

海面は絶対にライトで照らさない。

ウツボが当たる場合は、我慢して仕掛け手返し良く入れて行くと、本命のシブダイに出会えるかもしれません。

イワシスライス等を撒餌さにすると、釣り易くなります。

 

シブダイを釣り易い時間帯

シブダイがずっとその釣り場に居れば、時間帯関係無く食ってくるんですが、釣れ易い時間帯は、夕日が暮れる時間帯から21時頃か夜明け前の少し明るくなる時間帯等はチャンスタイムになるので、集中して釣りをしてみてください。

 

海面は絶対に照らさない様にしましょう。

ずっと点けたままの状態だったら、問題ないですが、海面を照らして消したりすると魚が散って釣れなくなります!!

 

 

 

スポンサードリンク




5 件のコメント

  • シブ鯛釣りのアドバイスありがとうございました❗   夜釣りで月夜 闇夜がありますが魚のちがいよって差がありますか?

    • 是非、今シーズンのシブダイ釣り頑張ってみてください(^^)/
      私の経験上になりますが、シブダイに関しては、月夜、闇夜ではそこまで変わらない感じがしますが、イサキは絶対に月夜より闇夜ですね。もしくは、月が出るまでの時間帯がよく釣れたので、夜釣りのイサキ釣りは、闇夜でしたら良いんですが、月が出るまでの時間帯が勝負だとおもいます。

        • 使うエサにもよりますが、私は使っていません。
          発光玉付けなくても、アタリがある時はガンガン当たってくるので
          付けなくても魚的には見えているので問題ないかと思います。
          アタリが無い日は、本当に全く当たらないので
          発光玉より寄せエサになるイワシスライスを持って行った方が集魚効果があるので、そっちの方が良いかと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA