捨て糸仕掛けとは?

スポンサードリンク




捨て糸仕掛けとは

捨て糸仕掛けとは、三又サルカンなどを使って片方に仕掛けを結び、もう片方に仕掛けよりも細い号数の糸にオモリを結び底の方に仕掛けを落ち着かして釣りをする仕掛けです。

万が一根掛かりをしても、仕掛けよりオモリにつけている糸の方が細いので、オモリ側の糸だけ切れて仕掛けは、無事に回収できる仕掛けを捨て糸仕掛けと呼びます。

捨て糸仕掛けのオモリ側に付ける糸を捨て糸と呼びます。

主に石鯛釣りやぶっこみ釣りなどで使用されます。

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA